You are currently browsing the archives for 8月, 2015.

ダメ旦那を捨てることができた

2015年8月20日 // Posted in 土浦デリヘル  |  No Comments

gbrgeregerertyy

今の旦那と結婚したのは2年前。
嫁入りのときに持ってきた私名義の貯金も日を追うごとに減っていく・・・

こんなダメな男と分かっていたら、結婚もしなかった。
私個人の貯金と、嫁入り道具にと両親が持たせてくれた300万円の貯金はドブに捨てるように減った。
私のお金に安心した旦那は、次第に働かないようになる。
そんなグータラな生活をしていても、しっかり私の体だけは毎晩のように求めてくるダメ男。

こんな状態じゃ妊娠なんて絶対に拒否!と思っていたのも神様のいたずらなのか、妊娠が発覚。
それでも働かない旦那に呆れてしまった私が働きに出ようと決断。

でも、妊婦はバイトでも雇ってくれない・・・
どうしよう・・・
このままじゃ、貧乏の中で子どもを出産することになる。
職業安定所にも通い、妊婦でも雇ってくれる仕事を探すが、どこにも見当たらない。
それなら、バイトやパートでもいいからと懇願しても門前払いの妊婦。

そんな時に見つけた妊婦のバイトが私の生活を一変させてくれました。
日給は3万円前後と高収入で、妊婦なので無理はしなくてもいい。
体調の良いときだけの出勤でも問題なしって言われ、私は臨月までこのバイトを続けた。

出産のときには、嫁入り当時よりも預金が増えていた。
子どもが生まれ、実家に帰省したまま、私は旦那と離婚をした。

今は、産後も続けて働ける系列店で、同じお仕事をしている。

昼も夜も働いています

2015年8月16日 // Posted in 人妻  |  No Comments

平日の朝は6時に目覚ましで叩き起こされます。
夫と子供の3人暮らしですが、まずは前日に洗濯機へ入れた衣類を洗濯して、その間に朝食の準備。
家族はみんなトーストとスープが好きなので、朝食は簡単。

その日に着る服を2着選び、お昼用の洋服と、夜用の洋服を準備。
シャワーを浴びて、急いで出勤の準備をしながら、終わった洗濯物をベランダに干して朝の作業は終了!
お掃除は、私が仕事に行っている間にルンバにお任せ(笑)

お昼の仕事は夕方5時に終わり、夕飯の食材を買い物して急いで帰宅!
お洗濯物を取り込んでたたみながら、夕飯の準備。
夜のお仕事はデリヘルなので、朝より念入りにシャワーを浴びて体を洗います。
アソコの中に洗浄も欠かせません(爆)
お客様に呼ばれたご自宅やホテルでもお風呂に入るのですが、
やっぱりデリヘル出勤前のシャワーは大切♪

デリのお仕事は夫公認です。
夫は淡白な人で、ほとんどレス。
だから、あまり気にならないと言っていました。
まだ小学生の息子は知りませんが、いつかは話そうと思っています。

夕飯を食べて、歯磨きやお化粧をしてデリヘルに出勤。
私が働いているデリヘルは、決まった出勤時間がないので、お昼のお仕事もしている私には大助かり。
お昼のお仕事も近いエリアなので、デリヘルに出勤すると、
たまに仕事関係の人とばったり会ってしまうことも(笑)

「残業だったの?朝も早いのに大変だね」
そう言われると、なんだか罪悪感(笑)
心の中で、「いいえ、これからお出かけなんです」なんて言いながら、
小走りでその場を去ります。

お昼と夜、1日中、働いている私は、昼と夜の顔を持つ現役デリ嬢です。
住宅ローンも前倒しで完済できそうです。

55歳・元人妻

2015年8月11日 // Posted in 熟女  |  No Comments

私はもう55歳。バツイチ独身です。
ことごとく恋愛はこわれてしまったし、
結婚も失敗したのでしょうがありません。

なので、元人妻ということになります。

仕事は熟女風俗店のアルバイトのみです。
不定期でお仕事をしています。
大昔、20代や30代のころから風俗をやっていたので、貯金はあります。

でも、いまだに親元にいます。
親もかなり年を取りましたが、家事などはよくやってくれるので、ありがたいです。

私の日々の暮らしは、アルバイトと買い出しが中心です。
あと、病院通いもしています。
時々、鬱っぽくなるので、薬をもらいに行くのです。

父85歳、母80歳で、一緒に朝食づくりで1日が始まります。
また、ある日は買い出し、ある日は病院、ある日はアルバイトという繰り返しです。

両親が元気なので、こんな日々を送れるのだと思っています。
両親へ感謝です。なので、
アルバイト料が入った日は、いつも美味しいものを買って帰ります。

バイト先のお客さんは、優しい人が多くて、
もしかするとそのうちの誰かと結婚することになるかもしれません。

風俗店に転職した友達

2015年8月4日 // Posted in 土浦デリヘル  |  No Comments

私の友達が風俗店でバイトをしていました。最初は、田舎の方の風俗店でバイトしていましたが、かなりの郊外で、場所も悪かったようで、もっと効率よく稼ぎたいということで、繁華街の風俗店に転職しました。とはいっても、田舎の方のお店のときのお給料も聞きましたが、お昼のお仕事を上回る高額な給与でした。きっと、友達は、もっと効率よくということで新しい風俗店に転職したのだと思います。

聞いた給与の額は、お昼の仕事が多い私にとっては、目の眩む金額でした。私も風俗店に就職しようかな、と思うほどの金額でした。といっても、採用してもらえるか分かりませんし、年齢の問題もあるので、やるとしたら熟女系になるのだとは思います。

転職してからの友達は、かなり生き生きしています。自力で自活できるからだということでした。仕事を頑張れば欲しいものはほとんど何でも買えるし、生活の悩み、経済的な悩みがないということは、こんなにも精神的に余裕が出てくるなんて思いもしなかった、満足できる金額を稼げて経験してみないとこればかりは、分からないことだと思う。という言葉が私には印象的でした。

転職したきっかけは、風俗求人系サイトからということでした。求人ページを見ていたら、画面の下に、自動的に求人を掲載している会社のチャット機能が立ち上がり、会社の人と何でも相談や質問ができる画面が出たので、そのチャット相談をきっかけに転職を決めたということでした。

繁華街では、やる気になって本気で仕事を頑張ってその気にさえなれば、かなり稼げる風俗店があるということは、間違いなさそうです。