You are currently browsing the archives for 7月, 2015.

私って巨乳だったんだ・・・

2015年7月28日 // Posted in 人妻  |  No Comments

bqgwqegerttry

私が大学生のとき、19歳にして初めての彼氏ができました。
当然、私の初体験も初めての彼氏が最初の人でした。

彼氏は、私とエッチをするたびに、「おっぱいデカいよな~」とか、「デカパイだよな~」と褒めてくれていました。
その時、「どうせ私を喜ばせようとしているだけ」だと思っていたのです。

それまで私自身も、人より少し大きめの胸にコンプレックスはありました。
でも、男性にこれけ褒めてほらえるほどの巨乳だという実感はなかったのです。

彼氏の友人たちと一緒に食事をするようになり、その時も友人たちに「お前(彼氏)うらやましいなー!こんな大きなオッパイの彼女なんて」と言われていました。
あまりにも私のオッパイのことを大きいだの、巨乳だの言われ続けていると、本当に私って巨乳なのかもって少しだけ自覚するようになっていったんです。

彼氏との付き合いは2年ほどで終止符をうちました。
その彼氏は、私より胸の大きな女性と付き合うようになっていたのです。
私の元カレって、マジで巨乳フェチなのかも・・・そこで私は自分が巨乳だと自覚しました。

彼氏に裏切られた腹いせもあったのだと思います。
私は大学に通いながら、巨乳風俗でアルバイトをするようになりました。
その風俗店で、私は見事ナンバーワンの座を勝ち取ってしまったのです。

ずっと風俗の世界で働いて、気づいたら40歳になっていました。
今では人妻風俗店でナンバーワンをキープしています。
巨乳好きのお客さんは多く、指名も絶えません。

高級店を渡り歩いていたため、収入は破格だったと思います。
33歳の時、7000万円のマンションをキャッシュで購入しました。

昔、初めての彼氏と出会うまで、自分が飛びぬけた巨乳だとは思っていませんでした。
でも今は、胸を張って歩く巨乳の人妻風俗嬢になっています。

未経験の私でも大丈夫だった

2015年7月21日 // Posted in 土浦デリヘル  |  No Comments

家計を楽にしたくて就職活動をしていたのですが、
なかなか自分にあいそうな仕事が見つからずに困っていました。

スナックに勤めている姉に相談したら、1つの提案をしてきたのです。
「まず、職種を絞ろうよ」と。
私としては、美容や医療に携わる仕事をしたかったのですが、それには資格や免許が必要なものばかりでした。
だから私、口には出さなかったけど美容や医療の仕事は最初から諦めていたんです。

なんとなく姉は、私の気持ちを察したのでしょうか。
数日後、「美容や医療でも、資格なしで就職できる仕事はあるよ」と言って、
私にエステ風俗求人を見せてきました。
「旦那さんには内緒にね」

エステ風俗は立派な美容&医療に似たお仕事!
私の中に、エステ風俗という職業は考えてもいないものでした。
姉が探してきたエステ風俗求人を見ていると、中には「資格・免許不要」という求人もありました。

そして私は決めました!
地元にあるお店がエステ風俗求人に募集を出していたので、一か八か面接の申し込みをしました。
そして緊張の中、エステ風俗店のオーナーと面接!
「これまで、エステ風俗のお仕事には携わったこともないのですが・・・」と正直に言う私に、
「大丈夫!頑張れば、お店の中で技術を磨けるから!」と言って、未経験の私を採用してくれたのです!

まだまだお客様にうまい施術はできませんが、とっても新鮮で毎日が刺激的な職場で働いています。

ドキドキのオイルマッサージ

2015年7月10日 // Posted in 土浦デリヘル  |  No Comments

子供の学費で、緊急にお金が必要になり、風俗で働いてしっかり稼ぐぞ!と思ったけれど、
知らない男性と絡むのはどうしても抵抗があって、自分の手だけでできないだろうか?と考えたんです。

風俗求人を見ていたら、セラピスト募集とありました。
マッサージなら、身体と身体で絡まなくても仕事になるし、これならできるかもしれない!と即応募しました。

面接で簡単な流れを教えてもらい、スタッフさんにマッサージの軽い講習みたいなものをしてもらえました。
基本的にはヌキ無しで、オプションとして服装を変えたりする必要がありました。

コスプレは20代の頃から好きだったから、色々な衣装を着れるのは嬉しかったです。
初めての風俗でドキドキしましたが、お店が風俗っぽくなくて、アロマの良い香りがして落ち着きました。

制服は、制服と言うよりもシャツと激ミニスカート。
ちょっと年齢的に無理があるかなと思ったけど、スタッフさんに「似合っている」と言われたので安心。

マッサージは得意なので、ちょっとオリジナルを入れながらしていると、
お客さんに上手いね!と褒められちゃいました!
でも、さすがにきわどい部分のマッサージは緊張してしまい、
どこまで触ってもいいのかな?痛くないかな?イッたらどうしよう?など、
頭の中でぐるぐるしていましたが、なんとか1日を乗り切りました!

PR
土浦デリヘル かわいい熟女&おいしい人妻

本当の私を知らない会社の人たち

2015年7月7日 // Posted in 土浦デリヘル  |  No Comments

共働き夫婦です。

平日の昼間、私は誰からも信頼される経理の事務員として働いています。
誰からも、「大人しそうで、素直で、仕事も真面目に頑張る既婚女性」と褒められている私。

でも、週末の夜になると、昼間の顔とは大違いの女性に変身します。
普段の私からは想像もつかないほど外見も変わってしまうのです。

過激な化粧に、派手な服装、そして自分の裸体を曝け出して男たちを弄びます。
そうです、私は隔週土曜日の夜だけ風俗でバイトをしているのです。

いつものストレス発散も兼ねて、お客様として来店する男性たちをSMで気持ちよくしてあげています。
私が風俗のバイトをはじめたのは2年前から。
最初はごく普通の軽いエッチを楽しむ風俗でバイトをしていたのですが、そのうちに自分の中に隠れていた本性というのでしょうか、徐々に過激な自分を知ることになっていきました。

そして今では、SM専門の風俗でバイトをしています。

夜の私を知ってしまうと、昼間の会社の人たちは驚くでしょうね(笑)
でも大丈夫です。
昼間の顔と、夜の顔の私、全くの別人に変身しているので、多分誰も私だと気づかないと思います。

もちろん、旦那も知りません。
旦那との夜の生活は、とっても地味です。
あまり性欲のない淡白な人なので、何も気づいていません。

週末だけの風俗バイトですが、給料は風俗のバイトで稼ぐほうが多いんです。
昼間の会社の給料は16万円ほどですが、週に1度の風俗バイトで月に30万ほどは稼いでいます。

会社の人や旦那に、私がSM嬢だとバレないように、これからも秘密にしていきたいです。